スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無理っぽい

我が家の猫ミューちゃん。5月2日に病院に連れていったら、右下顎部に腫瘍が見つかった。

腫瘍の検査結果はGW明けになるとのこと。エリザベスカラーを借りた。

5月4日の朝に腫瘍が破裂、大量の出血。とりあえず、どうしようも無い。6日まで、出血をなるべく
抑えるように努力する。

5月7日に検査結果を聞く。“線維種”と呼ばれる腫瘍らしい。ただし、悪性腫瘍とのこと。口の中に、
突起物もある。悪性腫瘍ということは“線維肉腫”ということか?

17歳という年齢から、手術は難しいとのこと。とりあえず、インターフェロン注射の治療に入る。

腫瘍からの出血は止まらない。ブヨブヨしていた腫瘍は少しずつ固くなっているようだ。

6月8日。インターフェロンの注射が効果を発揮しないので、抗がん剤に切り替わる。

“アドリアマイシン”という名称らしい。6月8日と6月11日に2回注射をした。

出血を止める治療を優先。抗がん剤で寿命を伸ばすという治療しか出来ないらしい。

腫瘍専門の設備がある動物病院が近くに無い(福島市に無い)ので、このまま命を落とすしかない
模様。

この1ヶ月、四方八方いろいろ調べたが、自分にはどうすることも出来ない。

助けることが出来ない・・・。

悔しい・・・。

悔しい・・・。

悔しい・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。