スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第61回 日刊スポーツ賞 中山金杯 出走馬確定す

1月5日に中山競馬場で行われる第61回 日刊スポーツ賞 中山金杯の出走予定馬は以下の通り。
出走馬:16頭
アクシオン 牡9 57.0kg 柴田善臣
アドマイヤコスモス 牡5 57.0kg 上村洋行
イケドラゴン 牡7 51.0kg 江田照男
エオリアンハープ 牝6 53.0kg 木幡初広
エクスペディション 牡5 55.0kg 浜中俊
エーシンジーライン 牡7 56.0kg 田辺裕信
コスモファントム 牡5 57.5kg 丹内祐次
ダイワファルコン 牡5 56.0kg 北村宏司
ダンスインザモア 牡10 54.0kg 石橋脩
デストラメンテ セン8 53.0kg 吉田隼人
トップゾーン 牡6 55.0kg 丸田恭介
ネヴァブション 牡9 58.0kg 後藤浩輝
ネオヴァンドーム 牡5 56.0kg 中舘英二
ネオサクセス 牡5 54.0kg 吉田豊
フェデラリスト 牡5 55.0kg 蛯名正義
ミステリアスライト 牡7 55.0kg 藤田伸二

1番人気間違い無しと思われるアドマイヤコスモス。中央へ移籍してからは5連勝で重賞を勝利。
ここでも賞金を加算し、GⅠの舞台へ進むことが目標か。ヘクったら乗り替わり確実の鞍上なので、
馬さえ仕上がっていれば、大コケはしないはず。

古豪ダンスインザモア,アクシオン,ネヴァブション,デストラメンテは年齢的に苦しいと思うので
若い馬を狙いたい。もちろん、上記4頭は穴として魅力だが。

出否未定だったダイワファルコンは出走することになった。前走の敗因は馬体重増と気難しい面
が出てしまった大敗のようだが、今回も馬体重が鍵ということになりそう。本調子に戻っていれば
侮ることは出来ないと思う。

同じく前走を1番人気で裏切ってしまったエクスペディション。8月以来の出走で、初重賞挑戦が
1番人気に支持されたほうがおかしいのだから、1度叩いた今回は変わってくるはず。

その中日新聞杯を勝利したコスモファントム。このレースを連覇する状態にはあるように思う。
ただ、丹内騎手は初騎乗となるので、どのように騎乗するかがポイントとなりそう。

1600万下を勝利したネオサクセスとフェデラリストにも魅力はあるが、ここを勝利するには力量
不足だと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 競馬情報 - ジャンル : ギャンブル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。